忍者ブログ
FF14のプレイ日記……になるハズ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あらすじ

 リーヴが更新されたので、リーヴを黙々とこなすJean。
 伐採し、採掘し、ローカルリーヴの生産を済ます。瞼が重くなりながらも、ローカルで完成した物品をキャンプに届けると……

眠くなると思考力が著しく低下しますな……
それにしても、もう一月経ったのか
そりゃ、外も寒くなる訳だ

 

 

追記

 HN変更しました。
 色んなblogを覗いてみると、FFでのプレイヤー名と同じあるいは似ている方が多かったのと、
 何より元ネタが地球外言語(笑)なため、読みにくいので。
 名のJeanならフランスの一般的な人名なので、姓のGraillyからグライーへ変更します。

 考えてみれば、Graillyもフランスに詳しいか、百年戦争を囓ってないと読めなかったかもw


作業着の頭装備にコットンターバンを採用
FFXIV_1287685487_R.jpg
ターバンというと、イスラム圏やインドが
真っ先に思い浮かびます。
でも、フェルメール(オランダ人)の「真珠(だっけ?)の耳飾りの少女」
も頭にターバンらしき物を巻いてたような……?


フェルメールの青こと「ウルトラマリンブルー」は、非常に鮮やかで好きです。
14にも、あの色をした服があれば良いのですが……あるのかな?
ラピスラズリが存在しているのだから、レシピあると嬉しいのだけど。

ギリースーツを着用した図(嘘)
FFXIV_1287760435_R.jpg
実際はスカルバレーで伐採していた時の図。
こんな背丈くらいもある茂みの中じゃ、
マサカリもまともに振れんだろうに……




この後、伐採した所為で鞄が破裂寸前になったので、一端リムサへ戻り、ローカルリーヴを消化。
ビアデッドロックからスカルバレー・バルデノートへと徒歩で行き、ブラッドショアへはテレポで移動。
破裂の危機に冷や冷やする生産と比べて、配達は刺激が無く瞼にグラビデが……
スカルバレー~バルデノート間には鳥系のアクティブ(と思われる)敵がいますが、
開けた場所なら回避も容易で、眠気覚ましにもならずw

瞼に超重力がかかりながらブラッドショアへ飛ぶと……つぐさん発見!
ちあさんの時と同様、偶然の出会いでした。
少し話をしたものの、眠気が限界でダウン……そして朝、目が覚めて気が付く。

フレ登録してねぇ!

714ec034.jpg




自分のあまりに迂闊な様に、
此奴らこの方々に笑われている図が脳裏を過ぎる……

私の阿呆!
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
おお~つぐさんと会ったのですか!w
ちあもつぐさんとの出会いは偶然でしたw
わざわざ名前んとこリンクありがとー♪

HN変更了解でーす(・∀・)
ちあ| | 2010/10/24(Sun)08:03:08| 編集
無題
ちあさんと会ったときとは逆に、私の移動先で偶々つぐさんが生産してました。
デジャヴュ的な意味でも偶然が重なってますねw
グライー| URL| 2010/10/24(Sun)14:29:02| 編集
出会い
そのとおりも出会いデスタw
つぐ| URL| 2010/10/24(Sun)20:32:23| 編集
無題
やっぱり、どちらかが留まっていないと出会う確率低くなりますね。
ケースバイケースですが、「遭難したときに遭難者はあまり動き回らないほうが良い」というのを実感しましたw
グライー| URL| 2010/10/25(Mon)17:26:53| 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[03/06 グライー]
[03/06 グライー]
[03/05 ちあ]
[03/05 ちあ]
[02/21 グライー]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
グライー
性別:
男性
趣味:
ゲーム・読書
自己紹介:
FFXIV PROF
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   エオルゼア遍歴譚   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB2  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]